Event is FINISHED

ゼロから学ぶ「関係人口」セミナー(NPOのろし協力イベント)

Description


「関係人口」という言葉が、最近注目を集めています。
「地域外の人材が、地方に定期的に通い、地域づくりに積極的に貢献する」そんな人たちのことを指す言葉が「関係人口」です。

今回のセミナーでは、総務省の「関係人口」創出に関わる検討委員を務めている秋田典子先生を講師にお迎えし、「関係人口」の概要やアプローチ方法をお話しいただきます。
また、弊団体(NPOのろし)代表の峯川より、「地域に住んでいない若者が、どのように地域と関わっているか」という事例の紹介をさせて頂きます。NPOのろしの活動や、峯川が理事を務めている「NPO法人共存の森ネットワーク」での活動事例を中心に、約1時間にわたってたっぷりとお話しさせて頂きます。

「関係人口って何?」
「住んでいないのに、どうやって地域と関わっているの?」
「地域と関わる為に必要なことは?」
そのようなことに関心のある方はぜひご参加ください!(参加無料)


■登壇者
秋田 典子 氏 
 千葉大学大学院園芸学研究科 准教授
 総務省 関係人口創出検討委員
>>検討会について、詳細はこちら

峯川 大 氏
 NPO法人共存の森ネットワーク 理事
 NPOのろし 代表
>>「NPO法人共存の森ネットワーク」HP
>>「NPOのろし」Facebook


■タイムスケジュール
13:30 受付開始
14:00 開 会
14:10 講演(秋田先生)
15:30 事例紹介(峯川)
16:30 閉 会


■日時
2018年10月22日(月)
14時~16時半

■場所
市原市民会館 3階 会議室
(千葉県市原市惣社1丁目1−1)

■定員
50名

■参加費
無料

■主催
市原NPO協議会

■後援
市原市

■協力
NPOのろし


▼▼本セミナーを主催する「市原NPO協議会」HPより引用 ▼▼

市原NPO協議会では、今年から総務省が始めた「地域外の人材が、地方に定期的に通い、地域づくりに積極的に貢献をする関係人口」に着目し、政府の関係人口創出検討委員の「秋田 典子」千葉大学准教授の講演と、NPO法人共存の森ネットワーク理事/NPOのろし代表の「峯川 大」氏の実践事例の講演を、市原市の後援を頂き、開催することになりました。

政府が発表した2045年の各市町村の人口数を見ますと、市原市は3割(8万人)減少の20万人になると推測されています。「関係人口」を増やすことは、人口減少にも歯止めの役割もあると思われ、早い時期に対応策を行政当局はもちろん、市内の関係機関も真剣に検討し、行動をする必要があると思います。

また、市民活動の継続的な発展のためには人材の確保が不可欠であります。しかしながら、近年、会員不足、新規会員の減少、高齢化・後継者不足が顕著であり、大きな課題になっています。今回のセミナーでは、今、注目されている「地域外の人材が、地方に定期的に通い、地域づくりに積極的に貢献する関係人口」について、その概要やアプローチ方法、事例を学び、新たな仕組みづくりを考えます。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#379197 2018-10-16 05:35:37
More updates
Mon Oct 22, 2018
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
市原市民会館  3階 会議室
Tickets
参加チケット(無料) FULL
Venue Address
千葉県市原市惣社1丁目1−1 Japan
Organizer
NPOのろし ~地域に関わりたい会社員による”福業”チーム~
71 Followers